鬱病の薬と治療法と副作用は本当にあるのか?
スポンサードリンク

うつ病の薬

うつ病の薬とその副作用





うつ病と診断されて必ず処方される
それが抗うつ剤です。

私は病院勤務なのですが精神科ではありません。
だから精神科の専門知識もないのですが・・・
病院勤務というだけで周りからは何でも知ってるはずといわれます(笑)

話がそれましたが・・・

その中でもよく聞かれるのが抗うつ剤の副作用についてです。
には必ず副作用があります。
その副作用を超える効果があるから使用するのであって・・・

うつ病の薬として処方される訳ですから効果はもちろんあります。
実際いわれる副作用には眠気・便秘・口渇などがあります。
しかし、医学の進歩によって年々副作用は減ってきているそうです。

副作用で困っている人がいるのなら種類を変えてもらうだけでまた違った効果も期待できるはずです。

つまり、うつ病だからといって心配する必要はないのです。

スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62113690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。