鬱病の薬と治療法と副作用は本当にあるのか?
スポンサードリンク

うつ病の薬

抗うつ剤といううつ病の薬





抗うつ剤はうつ病の一般的なものです。
まずうつ病と診断されたら一番に処方されるといってもいいでしょう。
そんな抗うつ剤。
どのような種類があるのでしょう。

まず古くから使われている第一世代の薬、三環系抗うつ
そして第二世代の四環系抗うつ
比較的副作用が少ないといわれている第三世代のSSRI。
SSRIより新しい第四世代のSNRIなどがあります。

そしてこの四つの分類の中にも様々な種類のがあります。
そう考えると抗うつ剤といっても本当にたくさんあることが分かります。

だからこそどのが一番合うかだなんて簡単には分からないのです。
主治医に処方されたが一番と最初から思い込む事はやめましょう。

すべては自分のため、うつ病を治すため。

それだけは忘れないようにしていきたいですね。

スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62113730
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。