鬱病の薬と治療法と副作用は本当にあるのか?
スポンサードリンク

うつ病の薬

老人性うつ病の薬





老人性うつ病とは名前の通り老年者に多い病気です。
痴呆も多いのですがこの老人性うつ病もそれについで多い病気の一つです。
しかし老人性うつ病は痴呆と似ている症状が出る事もあり見つけるのが難しい病気でもあります。
うつ病の一種ですから憂鬱な気分になり何もする気が起きなくなるという症状が出ます。
そして、老人性うつ病に処方されるは抗うつ剤です。
抗うつ剤を飲んでが効き始めたと思った時や、治ったと思った矢先に自殺というのがこの老人性うつ病の特徴です。

歳を取って物忘れがひどくなりただの痴呆と周りに思われてしまう。
そしてどんどん心が蝕まれて最悪自殺までに陥ってしまう。
怖い病気だと思います。

自分の祖父母は大丈夫でしょうか?
痴呆と勝手に片付けていませんか???

スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62113731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。