鬱病の薬と治療法と副作用は本当にあるのか?
スポンサードリンク

うつ病の薬

躁うつ病の治療と薬





躁うつ病の治療としてまず気分を安定させるを飲むことからスタートします。
躁うつ病とは躁の時と鬱の時との差が激しいのが特徴です。
そこでその気分の差を少しでも少なくして行く治療が大切なのです。
それには残念ながらに頼る必要があるようです。
鬱状態が強い人には抗うつ剤という薬を使うこともありますが…
一般的なは気分安定剤です。

躁うつ病には自覚症状がない事も多く見落とされがちです。
また治ったと思ってを飲むのをやめてしまう人もいます。
しかし、躁うつ病とは実は長期の治療が必要とされる病気なのです。

つまり治ったと思っても再発してしまうのです。
をやめるときなどは必ず主治医と相談しましょう。

ただでさえ分かりにくい躁うつ病
しっかりと向き合っていく必要がありそうですね。

うつ病の薬

うつ病の薬を飲みながらの妊娠





うつ病になってしまいを飲まなくてはならなく状況。
そんな状況で妊娠なんて出来るの???
うつ病という以前に、を飲みながらの妊娠だなんて…
奇形児が産まれてきたらどうしよう…
普通はそう思いますよね。

ただでさえうつ病という症状の中精神的にもいっぱいいっぱいでしょう。
しかし、その中でも子供が欲しい。
もしくは妊娠してしまった。
という例も珍しくありません。

しかし、実は現在処方されているには、ほとんどいっていいほど奇形児が産まれたなどという例は出ていないそうです。
意外ですよね。
私も調べて初めて知ったのですが…

うつ病だから…
うつ病を飲んでいるから…
妊娠だなんて…

あきらめないで。
今の自分としっかり向き合って今をしっかり生きてみませんか?

うつ病の薬

うつ病の薬とむくみ





うつ病と診断され抗うつ剤というを処方される。
ここまでは一般的なうつ病患者さん誰もが辿って行く道だと思います。
たくさんの種類の中から患者さんにあったを選んでくれます。
一度でそのが効いてうつ病が治ったという人はとても幸せなのかもしれません。

薬は何でもそうですが副作用に悩まされる事が多々あります。
その副作用の中にむくみも含まれるのです。
もちろん立ち仕事をしていてむくみが来るというのは誰もが経験した事でしょう。
しかし、うつ病を飲むことによって引き起こされるむくみもあるのです。
よくある事だから…
と副作用に気づかない人も多いと思います。

うつ病の薬

うつ病を減らす薬?!





現代ではうつ病の患者さんが増えていくいっぽうです。
そこでうつ病を減らすためにどうしたらいいか考えてみましょう。

うつ病を治すためには???
いいないの???

いいがあればみんな飲んでます(笑)

うつ病を治す前にうつ病にならない対策を考える必要があるようです。
そうすればうつ病も減るしだって必要ありません。

まずうつ病の最大の敵はストレスです。
ストレスに打ち勝つ強さ、またはストレスを発散させるすべを見つけることが第一歩なのかもしれません。
打ち勝つ強さを今すぐに作れというのは無謀かもしれません。
人間って本当は弱いのですから…
しかし、発散方法なら考え付くのでは?

1人でも多くの人がうつ病を減らすために考えてみてほしいですね。
なんかに頼らなくても生きていける生活を…

うつ病の薬

うつ病の薬の種類





うつ病といっても色々な種類があります。

まずうつ病には抗うつ剤が処方されます。
抗うつ剤にはたくさんの種類があります。
例えば、SNRI、SSRI、三環系などがよく使用されています。
しかし自分にこれが合うというに出会うのは時間が必要といわれています。
焦ってはダメなのです。
医者としっかり相談しながら自分に合った種類の、自分に合った量を見極めていかなければなりません。

うつ病という病気だけでも色々な種類があるのですから…
そんな中で処方されたが果たしてあっているのか?
種類が多いだけに難しい選択かもしれません。

しかし、これだけインターネットも浸透して誰でも簡単に情報を取り入れることが出来る現代。
何でも分かってしまうだけに怖いのかもしれませんね…

うつ病の薬

うつ病に効く薬





うつ病に効くって???

うつ病に悩んでいる人なら誰しも気になる問題だと思います。
でもこれって答える側も難しい問題でしょうね…

私は医療従事者なのですけど、この質問が一番困ります。
私には効いたけど…
その人にこのが一番効くかと言われると難しい所だと思うのです。
もちろん医者は患者さんに一番効くを処方してくれます。
しかし、そのが効かないことももちろんあるのです。

うつ病になってしまったら人にも相談出来ず、医者の処方されたが絶対と信じてしまう事もあるでしょう。
しかし、何か違うと思ったときには必ず相談する事も必要なのです。
ここは患者さんの自己主張が一番大切なところだと思います。
漬けになれとはいいません。
ただ、せっかくを飲むのであれば自分にあった、自分に一番効くを選ぶというのもうつ病を治す第一歩だと私は思います。

自分の体は自分が一番知っているはず!

自分の体の変化に気づいてあげましょう!

うつ病の薬

躁うつ病と薬




うつ病とは躁とうつ状態が交互に来るうつ病の一種です。
という事は…
うつ病としてよく処方される抗うつ剤だけではダメという事なのです。
うつ症状の時に抗うつ剤は効果的ですが躁の時に抗うつ剤を使ってしまっては効果がありません。

そこで躁うつ病の時に必ずといっていいほど処方されるがあります。
それがリチウムといわれるです。
このが優れもので躁症状の時もうつ症状の時にも効果的です。

しかし躁うつ病の人にとって躁の状態より怖いのがうつ状態です。
人間誰しもそうですが…
楽しい時はどんな時でも楽しいものですが、気分が落ち込んでいるときはどうしようもありません。
そんな状態が続くくらいなら…
と、そんな時抗うつ剤を必要でなくてもついつい飲んでしまう傾向にあります。

に頼ることはもちろん必要ですが頼りすぎないこと。

これが一番難しいのかもしれませんね。

うつ病の薬

うつ病と妊娠・出産…その時の薬とは





うつ病なのに妊娠しちゃった・・・

うつ病のまま出産を迎えちゃった・・・

などという人も少なくないのでは?
うつ病だからといって妊娠・出産が出来ないわけではありません。
しかし、ただでさえ妊娠・出産とは女性にとってストレスのたまるものです。
もちろん喜びもその分大きいのですが…
つまり妊娠・出産でストレスをもっと感じてうつ病になる人も少なくないという事です。

そしてうつ病には休養が一番ですが妊娠・出産中なんて休養どころではありませんよね。
そこで処方されるが抗うつ剤。
妊娠中に?!
と思いますよね。
しかし、最近では医学の進歩とともに研究もされ妊娠中にを飲める時代になってきました。
抗うつ剤もその1つです。
出産時に奇形児が産まれてくる可能性は低いと言われています。
もちろん絶対とは言い切れません。

ここはしっかりお医者さんと相談するのが一番だと思います。

うつ病の薬

うつ病の治療と薬





うつ病と診断された時、治療方法の一つとして休養があります。
しかし、いきなり休養を取れというのは難しいかもしれません。
そこでうつ病の治療として併用されるのが抗うつ剤というです。

休養を取って癒されるというのも一つの治療法です。
しかし今の社会、簡単に休養を取るというのは難しいですよね。

うつ病になる人には完璧主義者が多いと言われています。
そんな完璧主義者が仕事を休むだなんて考えられないでしょう。
そこでまたストレスがたまりうつ病を悪化させるのです。

だからこそもう一つの治療としてを服用するという手が残されているのです。
と聞いて依存性や副作用などを心配する人も多いですよね。
しかし、この治療には依存性はまったくといっていいほどありません。
そして副作用に関しても他のに比べて少ないと言われています。

うつ病・・・

その治療・・・

抵抗はあるかもしれませんが、少しでもいい方向に進んでいくなら…

試してみる価値はありそうですよ。

うつ病の薬

うつ病の薬と効果





今日はうつ病とその効果について考えてみましょう。
まず何かがおかしいと思い受診をする。
それは一番大切なことです。

そこでうつ病と診断されたら必ずといっていいほど抗うつ剤というを処方されると思います。
うつ病とういうだけでも少しびっくりしまうのに…

???

と思う人もいるかもしれません。

そこで抗うつ剤とはどのようななのか?
また、そのを飲むことによってどんな効果があるのか?

不安に思いますよね。

うつ病は心の病なのになんて・・・と思うかもしれません。
しかし抗うつ剤は心だけでは補えない脳内にまで効果を発揮するなのです。

決してに頼ることが逃げることではありません。
心の病だけではない何かがうつ病には隠れているのです。
それを少し和らげるそんな風に思っていただければと…

自分だけで解決しようと思わず色々な方法を試してみるのもうつ病を治す第一歩なのかもしれませんよ。

うつ病の薬

うつ病の薬は絶対使わない!!!





うつ病と自分が言われ抗うつ剤というを処方された時。
あなたならどうしますか?
そのを使いますか?
私に置き換えて考えてみました。

答えはNOです。

は絶対使わないというのが私の気持ちです。
うつ病さえも絶対認めたくないでしょうね。
というか認めないでしょうね(笑)
まして心療内科の受診を勧められた時点で腹を立ててしまうかもしれません(笑)

実際、私みたいな人も多いのでは?

うつ病とは心の病です。
心が病んでしまっている状態です。

うつ病の薬

うつ病と市販の薬





うつ病に効く市販のは売っていないのを知っていますか?

それほど副作用や飲む量などが難しいため医師・薬剤師に管理が任されているそうです。
うつ病かなと思ったら病院を受診するのが一番です。
またうつ病として処方されると他の市販のを一緒に飲んでもいいのかという問題も必ず医師に相談しましょう。

市販のを飲んではダメというのではありません。
ただというのは他のと一緒に飲むと他の効果を発揮してしまう場合があるのです。
また逆に効果を半減してしまう場合ももちろんあります。
せっかくを飲むのですから…
一番ベストな形で飲んでうつ病を治したいですよね。

ただでさえ心の病といわれているうつ病
市販で売っていないからこそ受診して自分に合ったを見つけることをお薦めします。

うつ病の薬

うつ病と頭痛薬





うつ病から起きている頭痛がある事をご存知ですか?
頭が痛いから頭痛を飲む。
しかしまた痛くなる。
どこか頭の病気かも…
なんて思ったことはありませんか?

頭痛は脳の異常から来るものと心の不安などからくるものがあるのです。
脳の異常から来るものは脳腫瘍やくも膜下などまさに体の病気ですからすぐに病院を受診しなくてはなりません。

しかし、心の不安から不定期に頭痛がきたり朝起きたりしたときに頭痛がする場合うつ病からの頭痛が疑えます。
うつ病からくる頭痛は頭痛を飲んでもよくはなりません。
もちろん一時的には改善されますが…
また繰り返してしまうのがうつ病からくる頭痛です。
頭痛ではなく抗うつ剤を飲めば治ったなんて例も珍しくはありません。

頭痛くらいと思っていませんか?
されど頭痛ですよ!!!

うつ病の薬

うつ病とインターフェロンという薬





うつ病とインターフェロンというに何の関係が???

私は知らなかったのですが…
調べていくうちに大いに関係があったのです。

まずうつ病にインターフェロンというは処方されません。
インターフェロンはC型肝炎や腫瘍などに使用される副作用が強いです。
インターフェロンの副作用は本当に強いと聞いたことがあります。
激しい悪寒と発熱。
これは一般的なのですが…
その他にうつ病になる事もあるそうです。
これはおそらくインターフェロンによって神経系への影響が出るせいだと考えられています。
その他に、強い副作用によって心が弱ってしまう。
不眠症になったりして不安が募る。
インターフェロン投与が嫌になって逃げ出したくなる。
そういった症状からうつ病を引き起こすのかもしれません。

インターフェロン投与とは想像以上のものだったのですね…

うつ病の薬

老人性うつ病の薬





老人性うつ病とは名前の通り老年者に多い病気です。
痴呆も多いのですがこの老人性うつ病もそれについで多い病気の一つです。
しかし老人性うつ病は痴呆と似ている症状が出る事もあり見つけるのが難しい病気でもあります。
うつ病の一種ですから憂鬱な気分になり何もする気が起きなくなるという症状が出ます。
そして、老人性うつ病に処方されるは抗うつ剤です。
抗うつ剤を飲んでが効き始めたと思った時や、治ったと思った矢先に自殺というのがこの老人性うつ病の特徴です。

歳を取って物忘れがひどくなりただの痴呆と周りに思われてしまう。
そしてどんどん心が蝕まれて最悪自殺までに陥ってしまう。
怖い病気だと思います。

自分の祖父母は大丈夫でしょうか?
痴呆と勝手に片付けていませんか???

うつ病の薬

抗うつ剤といううつ病の薬





抗うつ剤はうつ病の一般的なものです。
まずうつ病と診断されたら一番に処方されるといってもいいでしょう。
そんな抗うつ剤。
どのような種類があるのでしょう。

まず古くから使われている第一世代の薬、三環系抗うつ
そして第二世代の四環系抗うつ
比較的副作用が少ないといわれている第三世代のSSRI。
SSRIより新しい第四世代のSNRIなどがあります。

そしてこの四つの分類の中にも様々な種類のがあります。
そう考えると抗うつ剤といっても本当にたくさんあることが分かります。

だからこそどのが一番合うかだなんて簡単には分からないのです。
主治医に処方されたが一番と最初から思い込む事はやめましょう。

すべては自分のため、うつ病を治すため。

それだけは忘れないようにしていきたいですね。

うつ病の薬

うつ病薬の副作用と体の変形





うつ病を飲んでいく上で一番気になるのが副作用。
そして、その副作用によって体になんらかの変形が起こるのでは?
そういった不安を持っている人が多いと思います。

うつ病として基本的に抗うつ剤が有名です。
抗うつ剤の中にも色々種類はありますが…
副作用が出るか出ないかは人それぞれです。
誰か他の人に副作用が出たからといって飲まないのはまた違うと思います。
副作用で体の痛みやしんどさなど体の変形が出たらその時にやめればいいのですから。
確かに副作用は嫌なものです。
しかし、副作用にも軽いものから重いものがあります。
軽いものなら気にしなくてもいいですが…
重いものであればすぐに服用を中止して主治医に相談する事をお勧めします。

は簡単に手に入り簡単に処方されます。
しかし、軽率に見ては絶対いけないものだと思います。

自分の体の変形は自分にしかわからないものですから…

うつ病の薬

うつ病の薬と依存





うつ病には依存性はないのか???

うつ病と診断された人、もしくは家族がうつ病で悩んでいる人にとって気になるところかと思います。
実際うつ病とは2,3日で治る病気ではありません。
最低でも1ヶ月以上はかかってしまいます。
期間が長ければ長いほどを飲む期間も増えます。
が切れたときが怖いから飲む。
という人もいるでしょう。
それが依存へと繋がるのだと思います。

しかし、うつ病としっかり向き合っていくのなら主治医と相談しながらの量を考えていかなければなりません。
自分に一番あっているをあくまでも少しずつ。
依存性のあるを飲むのは簡単です。
しかしは自分への気休め程度に。

そうすれば自然とうつ病も改善されの依存に悩まされることもないはずです!!!

うつ病の薬

うつ病の薬とその副作用





うつ病と診断されて必ず処方される
それが抗うつ剤です。

私は病院勤務なのですが精神科ではありません。
だから精神科の専門知識もないのですが・・・
病院勤務というだけで周りからは何でも知ってるはずといわれます(笑)

話がそれましたが・・・

その中でもよく聞かれるのが抗うつ剤の副作用についてです。
には必ず副作用があります。
その副作用を超える効果があるから使用するのであって・・・

うつ病の薬として処方される訳ですから効果はもちろんあります。
実際いわれる副作用には眠気・便秘・口渇などがあります。
しかし、医学の進歩によって年々副作用は減ってきているそうです。

副作用で困っている人がいるのなら種類を変えてもらうだけでまた違った効果も期待できるはずです。

つまり、うつ病だからといって心配する必要はないのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。